12/27(木)-30(日)
黒虹サンゴ公演活動休止なんて言わなきゃよかった公演
「言わなきゃよかった。」

作・演出・出演 工藤大嘉

-ある劇作家が「人間」と「芸術」にしがみつく現実と虚構が入り混じったドキュメンタリー演劇-

-粗筋-
26歳。黒虹サンゴ主宰工藤は精神的に病んでしまい、公演活動休止を宣言する。その後、演劇の仕事を全て断り、アルバイトをしながら友達と遊びに行ったり、旅に出たりしていた。その中で、工藤は日記を書くようになった。過去の事から現在までを振り返ったり、ただ思った事を書いた。その暮らしの中で人生についてや自分にとっての演劇はなんなのだ?社会にとっての演劇はなんなのだ?などの自問自答を繰り返していく。これは1人の男が「人間」と「芸術」にしがみつく現実と虚構が入り混じったドキュメンタリー演劇。ああ、公演活動休止なんて、ほんと言わなきゃよかった。

12/27(木) 19:00-
12/28(金) 19:00-
12/29(土) 14:00- 18:00-
12/30(日) 13:00-☆ 17:00-☆

☆の回はシンガーソングライター井上緑によるアフターライブ付き
(今回の公演のテーマ曲である「音楽なんてやめときゃよかった。」を生歌引き語りでの演奏) 

チケット料金 前売り当日共に2500円
予約フォーム
https://www.quartet-online.net/ticket/iwanakyayokatta


 

武藤啓太一人企画

『四畳半キルケット』

新中野ワニズホール

12/14(金) 19時

12/15(土) 13時 / 18時

12/16(日) 12時 / 17時

※開場は開演の30分前です


チケット:前売り・先行共に3,000円


◎ブロマイド付き特別先行予約(3,000円)

9/1 12:00発売開始(9/3 23:59まで受付)

振込精算のみ 各回15枚限定

https://www.quartet-online.net/ticket/4quiltket?o=b00001h


◎一般予約(3,000円)

9/29 12:00発売開始

https://www.quartet-online.net/ticket/4quiltket


出演:武藤啓太

作演:三浦佑介(あサルとピストル)

音楽:武藤正太

音響:臼井倶里

振付:長栄光之助

宣伝美術:ハコファクトリィ

制作:相馬はな

協力:(有)キャラバン、寿惠弘湯、武藤畳店、あサルとピストル

問合せ:tataminotami@gmail.com

 
<<前のページに戻る  
HOME / 店内写真
ふたり芝居 | 役者募集 オーディション ホールレンタル 即興芝居